安い化粧品だけど塗り方のこだわり

昔からスポーツをやっていて年中日焼けをしていて真っ黒ですが、肌はシミやそばかす、吹き出物などはあまりできず、大人になっても肌きれいだよねっと周りの人に言っていただけます。

最近は大人になって、職場に行くときにすっぴんでは社会人としてまずいので、お化粧はしますが、それまではほぼほぼすっぴんで、今も仕事がなければすっぴんです。

主人に言わせると、ずっと化粧してこなかったから、肌がきれいなのでは?!っと言われます。

そんな私ですが、いちお最近は化粧水や乳液はぬることにしています。

化粧水は安い化粧水を使っています。

なにかで、ぬるときに軽く肌をたたくと浸透して良いっと聞いたことがあるので、毎日50回ほどたっぷりの化粧水で肌をポンポンたたきます。

そうするとだんだん手に肌がくっついてくる感じがします。

肌も張りがでてくるような感じがして気持ちが良いです。

乳液も安い乳液を使っていますが、たっぷりぬった後に、余った油をティッシュを顔にのせてやさしくふきとります。

余った油をそのままにしておくのは肌に悪いと聞いたことがあるのでやってみています。

今のところこの方法であまりお金をかけず、肌の状態を保つことができています。

35歳をすぎて毛穴のひらきがひどくめだつようになって

“”35歳をすぎてある日、太陽光のしたで鏡をみたら、毛穴がすごくめだっていました。

毛穴のつまりもあるんですが、肌のたるみによる毛穴のめだちだとネットでしらべてわかりました。

毛穴のきになる人むけの化粧品はなにかなっと、口コミでみて、「アルビオン エクサージュホワイト」を使用しはじめました。

こちらの化粧品は、最初に乳液をつけてその後に化粧水、クリームという順番でつけていきます。

使いはじめて1ヶ月半になりましたが、肌がやわらかくなってきました。

毛穴のめだちはまだあります。

夜のクレンジングはマナラのホットクレンジングゲルを使用中です。

私はオイル系クレンジングはニキビができたり肌があれるので、こちらをつかって満足しています。

朝は水だけて洗顔しています。

顎にニキビが出来やすい体質なので、食事の方では大豆系や卵はいっぱい食べないように気をつけています。

こちらの食べ物はたべすぎると顎にニキビができるそうです。

あとは、1日みずを1.5リットルはのむようにしています。

毎日23時には寝るようにしています。

結構気をつけている方だと思うのですが、いちどおとろえた肌はなかなか綺麗になってくれません。

ファンデーションをつけなくてもくすみのないキメ細かい肌をてにいれたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする