お肌のお手入れについて

私の普段のお肌のお手入れ方法は、基本的にお化粧をしていないときでも、紫外線対策として必ず日焼け止めは塗っています。

1日の終わりに肌に優しい拭き取りメイク落としとして洗顔します。

さらにお化粧をしているときは、細かい目元は拭き取りメイク落としで落としてから、ジェルのメイク落としをして洗顔をします。

その後、オルビスの化粧水をたっぷりお肌につけてから毎日パックをしています。

このパックはしっかりと毛穴のなかに水分をいれたいだけなので、そこまで成分にはこだわっていませんが、念のためプラセンタエキス、コラーゲンが入っているものを使っています。

たまに普段使っている化粧水をパックに染み込ませて使うときもあります。

パックを10~15分したあとしっかりと保湿クリームか、または夏場は保湿ジェルを塗ります。

私のお肌の悩みは敏感肌であることです。

季節の変わり目に肌が荒れてしまうことが多いです。

いつもと同じお肌の手入れと、いつもと同じお化粧品を使っているのにも関わらず湿疹が出来てしまったり、肌の皮が向けてしまったりします。

そのときはどうしたらいいのかわからず、いつも落ち込んでお化粧ができずにいます。

改善することはできるのでしょうか、疑問です。

肌と年齢とお手入れ

私は学生時代にニキビが多くニキビ跡や、太っていたこともあり、毛穴の開き、たるみ、肌のテカりがとても悩みです。

化粧をしてもファンデーションだけでは毛穴やニキビ跡を隠せず目立ってしまいます。

厚塗りすることで逆に肌にダメージをかけていました。

脂性肌で化粧はすぐに崩れ、肌もテカり、化粧をしていてもこまめに治さなくてはいけない事もすごく悩みでした。

そこで収れん化粧水が毛穴の開きに効くと聞き、使い始めました。

夏の時期などはとくにさっぱり、ひんやりで気持ちよく使用しています。

そしてあぶらとり紙タイプでパウダーの入った紙おしろいなどで化粧やテカりをこまめに抑えています。

年々年を重ねるたびに、肌やしわなどの悩みが増えるようになりました、前まではなかったシミやほくろも増え、学生時代に日焼けし放題だったのが今どっときました。

20代前半では肌トラブルはさほど感じず、化粧水や乳液やパックなど一切使用していなく、気が付いた時には少し遅さを感じました。

今ではお風呂後や洗顔後にかならず化粧水やオールインワンジェルなど保湿を欠かさずするようになり、パックもデート前に必ず使うようになりました。

気が付いた時には遅いので、面倒ですが日ごろからのこまめなお手入れが大切だと知りました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする