蒸しタオルの効果にはどんなものがあるの?

スキンケアについて何か今お悩みの事があれば、「蒸しタオル」を使ってケアする方法もおすすめです。

それでは、蒸しタオルを使ってどのようなケアをしていけばいいのでしょうか?

また、蒸しタオルのスキンケア効果にはどのようなものが考えられるのでしょうか。

まとめてみました。

○蒸しタオルに期待できるスキンケア効果とは

蒸しタオルを使う事によって、くすみを改善する事や、肌を引き締めてキメを細かくする事が可能です。

それは蒸しタオルによって肌の血行が促進するからでもあります。

蒸しタオルであれば、お風呂で顔をお湯につけなくても、タオル一枚あれば顔をお湯にあてて血行促進しているかのような効果が得られるので、お手軽です。

もしも今あなたがクマやくすみでお悩みであれば、お肌の血液の循環が悪くなっている事が考えられます。

こんな時でも、蒸しタオルを顔に乗せる事によって血行が促進され、くすみやクマが解消されてきます。

○毛穴の黒ずみにも効果的

さらに蒸しタオルは、毛穴に詰まった汚れを取り除いてくれる働きもあります。

それはどうしてかというと、蒸しタオルには蒸気や熱を肌に与える役割があるからです。

蒸しタオルはお湯を直接顔に当てる時よりも、熱が適度になるので、肌の皮下組織に過剰に刺激を与えず、血流を穏やかに促進してくれます。

これによって肌の代謝がよくなっていくので、スキンケア効果も高まると考えられています。

肌代謝が改善すれば、汚れを外においやる効果も高まっていきます。

蒸しタオルには蒸気と一緒に、その熱がお肌の細部にまで広く行き渡り、角質を除去してくれるからです。

これによって毛穴を開き、詰まってしまった皮脂や汚れを除去してくれ、清潔な肌へと導いてくれるのです。

年齢と共にどんどん黒ずみが目立ってきたという方や、毛穴に汚れがたまってプツプツして見えるという方は、ぜひ一度蒸しタオルをお試しください。

思わぬ効果が得られるでしょう。

○蒸しタオルでケアする方法

蒸しタオルを使ってケアする方法は、一つだけではなくいくつかあります。

初めて蒸しタオルを使ってケアする人は、一番基本的なやり方で始めてみるといいでしょう。

基本的な蒸しタオルのケア方法と言えば、クレンジング・洗顔後に、タオルをレンジで30~1分ほど温める方法です。

そして温まったタオルの蒸気を、あごからゆっくりあてていきます。

そして優しく顔全体にタオルをあて、そのまま3分おいてスキンケアしていきます。

この基本的なケア方法によって、肌の奥に詰まった角栓や汚れをしっかり落とす事ができます。

肌の水分と皮脂のバランスを正常に保ち、キメを整えてくれるので、ツルンとした肌になれるでしょう。

○蒸しタオルを作る時の注意点

基本のやり方では、蒸しタオルをレンジで軽く温めますが、この時長く温めてしまうと
熱すぎてしまい、肌に逆効果となってしまいます。

そのため、加熱し過ぎには十分気をつけましょう。

適温だからこそ、蒸しタオルのスキンケア効果も高まります。

若いうちに肌知識だけでもいいから知っておこう

小さい頃は何もしなくても「肌が綺麗」と褒められることが多かったのですが、大学時代からニキビや皮脂の分泌のバランスの崩れなどで肌質がすっかり変わってしまい、その頃からお肌のお手入れを本格的に見つめ直しました。

まず、基礎化粧品は全て無添加のものへ。

有名お化粧ブランドのものではなく、使われている成分が本当に肌に優しいものを探した結果、行き着いたのは「ねんど」を使用したオーガニック化粧品です。

クリームやミルクローション、洗顔料、パックなどシリーズで愛用しています。

汚れをぐいぐい引き込む吸着力と、薄い皮膜状になって潤いを閉じ込める保湿力の高さは、他の化粧品にはないもので驚きます。

もう他の化粧品に浮気することもなさそうです。

その他に美肌のために気をつけているのが、体の内側からのケアです。

一つは、とにかくたくさんのお野菜を摂ること。

1日350グラム以上を目安に、秤で計って意識しながら、朝、昼、晩、3食野菜を食べます。

ポイントはカサが増してしまう生野菜よりも、火を通した野菜を食べることと、緑黄色野菜をなるべく多く食べることです。

野菜の豊富なビタミンと、たっぷりの食物繊維でお通じも良くなり、美肌に効果的です。

加えて野菜ばかりではなく、お肌作りの欠かせないたんぱく質源をたっぷりとることにも気を使っています。

脂質が少なくて高タンパクなものがオススメです。

とくにシリアルやパンだけで済ませがちな朝食から、鶏肉と野菜のスープを食べたり、目玉焼きを添えたりして、しっかりたんぱく質を摂るのが私のルーティーンになりました。

体が喜ぶものを食べるようになってからは、自然とファストフードやスナック菓子、お砂糖たっぷりのジュースからは遠ざかり、気がつけばここ2、3年は食べていないように感じます。

お肌に優しいもの、優しいことをきっちりと見分けて、あくまで内側からも、外側からも「自然派」でアプローチした結果、今では「肌が綺麗」の褒め言葉をたくさんいただけるようになり、ファンデーションいらずのお肌を取り戻すことができました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする